• ホーム
  • 性欲を高めたい時に使うべき漢方と効果が現れるまでの期間とは

性欲を高めたい時に使うべき漢方と効果が現れるまでの期間とは

悩んでいる男性

現在の漢方薬の中で精力剤に使用される代表的な種類は、先人達が実用して実際に効果があった植物・動物・鉱物薬が伝わったものです。
近代的な技術が発展するにつれて、先人達が発見した効果について解説ができるようになりました。そういった今と昔の実績を踏まえて、精力剤として使用可能な漢方薬が定められています。

性欲や機能を向上させる効果があるとされる漢方薬には、牛車腎気丸・桂枝加竜骨牡蠣湯・柴胡加竜骨牡蠣湯・八味丸・十全大補湯・補中益気湯があります。これらはいずれも、古くから精力増進に効果があると言われる漢方生薬を数種類配合して作られています。
よく用いられる漢方生薬には、マムシホルモ・海馬補腎丸・至宝三鞭丸・新ロクジュオウ・亜鉛・金粒マムピンがあります。

マムシホルモはマムシの抽出液と胆乾燥末を主とし、そこに牛黄・高麗人参・鹿茸・イカリソウ・クコシ・レバー末など18種を配合しています。
海馬補腎丸は海狗腎(オットセイの睾丸)を主として、驢腎(ロバの睾丸)鹿腎(鹿の睾丸)海馬(タツノオトシゴ)ごうかい(オオヤモリ)などを配合した動物系の漢方です。鹿茸・高麗人参なども含めると、配合物は20種類にもなります。

至宝三鞭丸には鹿鞭・海狗腎・広狗腎(犬の睾丸)・海馬・ごうかい・高麗人参・淫羊かく・桑ひょうしょう(かまきりの巣)など、約30種類が配合されています。亜鉛は精子を構成する成分のため、亜鉛不足になると精子の製造能力が落ちます。一般的な食品類にも含まれていますが、摂り過ぎも毒となるため適切な摂取量になるよう気を付けましょう。

上記に挙げた種類は主に製剤タイプですが、煎じて飲むタイプや薬酒もあります。取り入れやすい形を選ぶことで、日々の習慣となるでしょう。
また、漢方薬は長期的に服用することで少しずつ効果を現すもののため、副作用が少ない反面、時間がかかるという難点があります。しかし、体への負担は軽減されるため、医薬品の影響が気になる方・自然派な方には漢方薬の精力剤をおすすめします。

効果が現れるまでの期間には個人差がありますが、基本的には数週間から数か月かかります。早くて2週間、遅くて3か月ほどかかると考えた方が良いでしょう。
服用開始から数週間で何かしらの変化は起きることが多いため、少しの変化でも気にかけると効果の有無を見極めることができます。しかし、最低でも1か月は連続服用した方が、自分の体で効果が現れるか否かを判断しやすくなります。

関連記事
媚薬で本当に効果があるものにはどんな成分が含まれているの? 2020年06月08日

媚薬と呼ばれる製品に用いられる成分は、天然由来のものです。薬物成分は含まれていないため、医薬品とは異なります。成分的には漢方に近いため、副作用の心配は医薬品よりも低いと言われています。また、媚薬には飲む、塗る、舐めるなど使用タイプがいくつか存在し、使う状況や目的に応じて使い分けることができます。媚薬...

年齢を重ねてもセックスを楽しみたいなら日々の生活に注意しよう 2020年05月23日

高齢に近付くにつれて身体的な生殖機能は誰でも低下しますが、その変化と共に性欲や性的興奮に関しても減退がみられることが多いです。男性で言えばED問題、女性で言えば膣分泌液や不感の問題がよく起こります。また、両者共に性欲や性的興奮に鈍くなる傾向が現れることも珍しくありません。年齢を重ねた頃の性生活に関し...

EDで悩んでいる人が頼れるラブグラは通販で購入しても問題はありません 2020年05月11日

ラブグラは女性用に開発されましたが、バイアグラと同様の成分を含むため男性のED改善にも使うことができます。バイアグラはED治療薬として日本でも医療での使用が承認されているので、泌尿器科や男性専用外来などで処方してもらえる一方で、ラブグラは日本で医薬品としての使用が承認されていないため、処方されません...