• ホーム
  • 年齢を重ねてもセックスを楽しみたいなら日々の生活に注意しよう

年齢を重ねてもセックスを楽しみたいなら日々の生活に注意しよう

嬉しく笑っている男性

高齢に近付くにつれて身体的な生殖機能は誰でも低下しますが、その変化と共に性欲や性的興奮に関しても減退がみられることが多いです。
男性で言えばED問題、女性で言えば膣分泌液や不感の問題がよく起こります。また、両者共に性欲や性的興奮に鈍くなる傾向が現れることも珍しくありません。

年齢を重ねた頃の性生活に関しては、人それぞれの考え方があります。低下や減退と共に精神性重視に移行する方もいれば、もともとプラトニックラブを好むという場合もあるでしょう。
しかし、中には年齢を重ねてもパートナーとのセックスが愛情行為として重要と捉える方もいます。長年のパートナーとの間でそういった考え方を持つのはおかしなことではありませんし、相手の同意があるなら一概に悪いことでもありません。

ただ、年齢的な問題で機能や感覚がついてこない可能性は否めません。それでも諦める必要はなく、体の機能ですので日々の生活を見直すことで改善・維持できる部分はあります。
注目すべきは生活習慣、すなわち食事・睡眠・運動です。一般的に体に良いと言われている栄養バランスの良い食事・質の良い睡眠・適度な運動は、生殖器官の機能や気分的な性欲にも前向きな効果をもたらします。

質の良いセックスに必要なものは身体的な感覚や機能だけではく、精神的な高揚や充足感もあります。
年齢を重ねて機能の低下が起きると、気分(性欲)はあっても体がついてこないためもどかしさが生じます。逆に機能は正常でも気分の減退が起きている場合は、セックスをいつも通り行えたとしても質の良い結果にはなりません。

体だけでなく心身共に良質な効果をもたらす行為にするためには、日々の生活で自身の管理を行うことが大事です。
これは年齢を重ねているからではありませんが、高齢になるほど機能や気分の低下が起きやすいため、より意識的な管理が必要になります。また、年齢を重ねたセックスに関する注意点としては、体に負担をかけない方法を行うことです。

他者にどうこう言われる筋合いはない部分かもしれませんが、セックスはエネルギー消費が激しい行為のため、行い方が強いと心臓に負担がかかり命のリスクがあります。いわゆるスローセックスを心がけると、負担を低減しながら精神的満足度の向上も図ることができます。
また、膣分泌液の問題で性交痛に不安がある場合は、アダルトグッズのローションを使用しても良いでしょう。これは消して恥ずかしいことではなく、パートナー間で良質な行為を行うための一方法です。適切な相手に使うなら問題ありません。

関連記事
性欲を高めたい時に使うべき漢方と効果が現れるまでの期間とは 2020年06月25日

現在の漢方薬の中で精力剤に使用される代表的な種類は、先人達が実用して実際に効果があった植物・動物・鉱物薬が伝わったものです。近代的な技術が発展するにつれて、先人達が発見した効果について解説ができるようになりました。そういった今と昔の実績を踏まえて、精力剤として使用可能な漢方薬が定められています。性欲...

媚薬で本当に効果があるものにはどんな成分が含まれているの? 2020年06月08日

媚薬と呼ばれる製品に用いられる成分は、天然由来のものです。薬物成分は含まれていないため、医薬品とは異なります。成分的には漢方に近いため、副作用の心配は医薬品よりも低いと言われています。また、媚薬には飲む、塗る、舐めるなど使用タイプがいくつか存在し、使う状況や目的に応じて使い分けることができます。媚薬...

EDで悩んでいる人が頼れるラブグラは通販で購入しても問題はありません 2020年05月11日

ラブグラは女性用に開発されましたが、バイアグラと同様の成分を含むため男性のED改善にも使うことができます。バイアグラはED治療薬として日本でも医療での使用が承認されているので、泌尿器科や男性専用外来などで処方してもらえる一方で、ラブグラは日本で医薬品としての使用が承認されていないため、処方されません...